森垣 洋平森垣 洋平

森垣 洋平入社を決めた理由は何ですか?

当時の採用担当の方にお会いした時、心のこもった誠実な対応に感動したことが大きな理由です。
私は新卒としてBCホールディングスに入社したのですが、もともと就職活動中はサービス業向けのソリューションを提供している企業、経営者の方に直接会える仕事に就きたいという思いでいくつかの企業へ応募し、面接選考に進んでいました。
様々な企業の選考を受ける中で、経営理念・ビジョン・戦略・強み・風土など、多くの説明を受けておりましたが、あまりピンと来ておらず迷っている時に、BCホールディングスに出会いました。
BCホールディングスが大切にしている「当たり前の事を当たり前に行う」。言う事は簡単ですが行うは難しい事だと思います。言葉だけでなく、実際に体現している社員の方々を採用説明会や面接時に体感した時、この会社でチャレンジしようと決めました。

担当している仕事は?

ヒューマンソリューション事業を行っているホスピタリティ&グローイング・ジャパンの第1営業部に所属しています。
多くの会社の経営課題である「人」の部分、特にサービス業経営者が悩まれている、人材採用、人材定着、売上・利益向上などの課題を「グローイング・アカデミー」という「サービス業に特化した定額制研修システム」中心に様々なソリューションを活用して解決の提案を行っています。

仕事において大切にしていることはなんですか?

「相手の気持ちに応える」という事を一番大切にしています。
「応える」とは自己目線で出来た、出来なかったという事ではなく、相手と「応えあわせ」をしていく事だと考えています。
クライアントの方々が我々に何か任せてくれるという事は、我々の可能性を信じていただき、期待して頂けているという事だと思います。
そんな気持ちに応えたい。任せて良かったと思っていただきたいと考えています。これは社内でも同じ事で、仕事を任されたり依頼された時はもちろん、依頼されなくても、相手の気持ちを考え、自ら動き気持ちに応えようと思っています。まだまだ若輩者ですが、気持ちに経験は必要ありません。
だからこそ、どんな事でも今自分自身が出来る全力を尽くしたいと思っています。

会社(自社でもグループ全体でも)の好きなところ

風通しが良く、経営陣と近い所で仕事が出来る所です。もちろん節度はありますが、自らがの望めばどんな人とも仕事をする事が出来ます。
若いうちから経験豊富な経営陣と目的を持って時間を過ごせることは、自己成長という事を考えると、とても良い環境だと思います。
当社は、思った事はどんどん言えるコミュニケーション・人間関係を築いていける環境です。そのような環境を作っていただいた先輩方や会社の仲間に感謝しています。

今までの仕事でのやりがいはなんですか?

お客様からの感謝の言葉です。
私が直接お会いするお客様はサービス業経営者の方が多く、その方々の後ろには、何百、何千人というスタッフの方々いらっしゃいます。
我々が提供しているサービスに対して、直接スタッフの方から感謝のお言葉を頂いたり、経営者の方から「変わった」「良くなった」とお言葉を頂くと、本当に励みになります。まだ出会えていないお客様はたくさんおられます。我々のサービスの良さを更に多くのお客様にご理解頂き、より多くの方々に貢献したいと思っています。

あなたがこれだけは誰にも負けないという点はどこですか?

責任を他人のせいにしないという事にはこだわり、誰にも負けないと思います。
よく、会社が悪い、相手が悪いと物事の責任を自分以外にしてしまう人がいると思います。しかし、今自分自身が行っている事や今いる環境は自分自身が選んでいるという事を忘れてはいけないと思います。なぜなら他人の責任にしてしまうと、自分にはどうしようもないと、そこで思考停止してしまい、それ以上改善されなくなるからです。
変革・成長するためには、物事を捉えるときに「自責の念」を持ち続けることが重要だと思うので今後もその視点は持ち続けたいと思っています。

これから挑戦してみたいことは?

ホスピタリティ&グローイング・ジャパン、BCホールディングスを世界へ広めたいと思っています。
ただ海外で働きたいという訳でなく、この会社、仲間と共に世界へ挑戦したいと考えています。

当社の経営理念にもある「世界のサービス業のトータルソリューションカンパニー」になる事が、私にとっても目指すべき理想の姿だからです。

応募者へのメッセージ

BCホールディングスグループはまだまだ発展途上で、いくらでもチャンスがある会社だと思います。
私が入社して数年の間でも劇的に成長・変革しています。成長・変革=チャンスだと思うので、自ら手を挙げて、主体的に動けば、いくらでも自分の理想に近づける環境だと思います。ただし、発展途上という事もあり、言われた事をやるだけで満足してしまう方は向いていないかもしれません。
主体的に機会を創り出し、挑戦し、共に成長し、全力で向き合える仲間に出会える事を楽しみにしています。



ページ上部へ戻る